心筋梗塞予防サプリまとめ@血栓を溶かすサプリはこれ

心筋梗塞とは?

 

「あなたは心筋梗塞です」といわれてしまったら、多くの人は非常に驚き、命の危険を考えるようになって落ち着かなくなることでしょう。心筋梗塞はどういう病気なのか、ちゃんと知っておかないと、あわてる一方で対処が遅れてしまう可能性があります。正しく心筋梗塞の前兆症状や対処について知識をつけておきましょう。

 

心筋梗塞は、心臓の周囲にある冠動脈という血管が詰まり、そのために心筋細胞が壊死していく病気です。症状としては、激しい胸の痛みや圧迫感があり、また合わせて呼吸困難や顎の痛み、吐き気、嘔吐、冷や汗、息切れなどが見られます。この痛みが15分未満なら狭心症、15分以上なら心筋梗塞が疑われます。心筋梗塞は原因が血管の詰まりですから、血管を詰まらせる要因、ドロドロ血液に注意する必要があります。血液の水分不足や、脂質・糖質の過剰が原因となりやすいので注意しましょう。

 

予防に有効なのは食生活の改善や血行促進、そして水分摂取などが挙げられます。ストレスや疲労も血管の状態を悪くしますので注意しましょう。多くの生活習慣病と同じく、肥満体型の人は発症しやすいという傾向がありますから、普段からしっかり運動をして改善していくことが大切です。また、自覚できる症状がない心筋梗塞もあり、健康診断で初めて見つかるというケースも少なくありませんから、定期的な健康診断はしっかり受けるようにしましょう。

 

治療のゴールデンタイムは、急性の心筋梗塞なら6時間以内と言われています。気になる症状があれば早めに救急車を呼び、検査・治療に入りましょう。

 

心筋梗塞にフルーツが有効

 

心筋梗塞というのは、「冠動脈」という心臓に続く血管が動脈硬化などによってふさがってしまうことで、栄養や酸素の供給が止まり、心筋が壊死するようになる状態です。心筋梗塞は、冠動脈の内側にコレステロールなどの脂質が付着してしまう動脈硬化が原因です。動脈硬化を引き起こす原因は、高血圧、肥満、糖尿病、運動不足、ストレス、食習慣の問題などがあります。こういった心筋梗塞を防ぐためにも、血液をサラサラにし、また血管の状態を保つ効果のある食物を摂取することが大切です。

 

食物繊維の摂取は非常に大切で、余分なコレステロールや糖質の吸収を妨げる効果があります。特にペクチンという種類の食物繊維は非常に効果が高いとされています。いちじく、イチゴ、キウイ、桃、リンゴなどにはペクチンが豊富に含まれています。また、βカロテンも対策として有効です。細胞の老化を防止してくれる抗酸化作用がありますから、血管の状態を良い状態に保ってくれます。緑黄色野菜や、マンゴー、スイカ、あんずなどに多く含まれています。

 

肥満体質や中性脂肪の値が高い人は、糖分の摂取過剰が肥満を進行させやすいので、果物の過剰摂取には注意しましょう。果物には一般的に多くのポリフェノールが含まれていますので、体の細胞の老化や機能低下を防ぐ役割がありますので、積極的に摂取しましょう。果物は体に良いイメージがありますが、特定の疾患を抱えている場合には逆効果になることもありますので、気になる持病がある場合には医師に確認しておいた方が良いでしょう。

 

心筋梗塞の後遺症は

 

心筋梗塞になると、心臓の細胞の一部が壊死するようになりますが、この細胞は再生することがありません。少々であれば問題はないものの、壊死した分だけ機能が低下しますから、症状が大きいほど後遺症のリスクも高まります。

 

心筋梗塞の後遺症として代表的なものに不整脈と心不全があります。不整脈は、心室期外収縮や心室頻拍といった形で起こります。不整脈は心筋が壊死することによって心臓の収縮リズムが狂うために発症し、場合によっては突然死を招く種類のものもありますから注意が必要です。

 

心不全は、心筋の一部が壊死し、心臓全体のポンプ機能が低下することで生じるもので、うまく全身に血液を送り込むことができなくなります。そのため、心不全になると下半身がむくんだり、息切れや疲労感を感じやすくなるという症状が見られます。不整脈も心不全も、心筋梗塞の度合いが重く、心筋の多くが壊死した場合に出るようになる後遺症です。

 

急性心筋梗塞だとしても、発症後にすぐに治療ができていれば、こういった後遺症のリスクは小さくなります。ただ、完全にないわけではありませんし、ケースによっては急性で治療がすぐにできたとしても、狭心症などの症状が出ることもありますから、万全であるということは言い切れません。

 

いずれにせよ、できる限り予防をすることが大切で、そして次善策は早期発見・早期治療であるということは忘れてはなりません。命に関わる状況を招きやすい病気ですから、大丈夫だろうと簡単に考えることがないようにしましょう。

 

心筋梗塞の際の手術は?

 

心筋梗塞は、心筋への血流において動脈硬化が起こり、そのために心筋が壊死を起こしてしまう怖い病気です。多くの心疾患を引き起こし、命に危険をもたらす可能性もあります。こういった怖い病気ではありますが、治療方法はある程度確立されています。ただ、早めに発見し対処するようにしなければ難しい状況になることも多いので注意しましょう。

 

心筋梗塞の治療においてはカテーテルという細い筒を使って治療するカテーテル治療と、胸部を切り開いて体内の血管を切断したり結合するバイパス手術が行われることが多いです。カテーテル治療はの場合は循環器内科、バイパス手術は心臓外科の医師が執刀するのが基本となります。これは患者の状態によって決まり、主治医であるないは関係ありません。急性心筋梗塞などの緊急性の高い場合の手術では、カテーテル治療が選択されるケースが多くなります。短時間で治療を行うことができるため、対処の速度が成功確率に大きな影響を与えるケースでは早い治療法がまず選択されます。

 

亜急性心筋梗塞や陳急性心筋梗塞といった、ある程度の時間経過が進んでいる場合には、病変の難易度によって治療方法を検討することになります。カテーテル治療では治療しにくい病変や、急変リスクの高い病変の場合には、バイパス手術が選択されるケースが多くなります。バイパス手術はどうしても開胸する必要がありますから、患者への負担も大きくなりますので、それなりに体力も求められるため、状況的にはバイパス手術が適していても必ずしも行われるわけではありません。特別な理由がなければ、医師の支持に従って手術を進めていきましょう。

 

心筋梗塞の前兆

 

心筋梗塞は心臓に栄養や酸素を届けるための冠動脈において動脈硬化が起こり、血栓などが生じることによって血流が停止し、虚血状態から心筋細胞が壊死していく怖い病気です。心筋細胞へのダメージが大きくなると、心疾患の原因となり最悪命の危険性もあります。

 

では、この怖い心筋梗塞の前兆にはどういったものがあるのでしょうか。よく言われるものとしては、強い胸の痛み、呼吸困難、鼻詰まりや吐き気、冷や汗、また左手の小指や背中、肩などに痛みを生じるといった症状です。心筋梗塞になる場合は、上記の症状を考えてみるとよいわけですが、急に上記の症状が出たとしても、よくある症状といえばそうですから、あまり危険だとは思わないことでしょう。

 

心筋梗塞のリスクが高い人は、高血圧、脂質異常症、喫煙などの習慣や体質を持っている人ですから、こういったものがあり、かつ上記の前兆症状が出ている人は心筋梗塞の可能性を疑ったほうが良いでしょう。高血圧は脂質異常でも喫煙でも生じるようになりますから、ひとつのサインとしてしっかり管理しておくことが大切です。多くの場合は、食事をしっかりすることによって多少の改善が見られるようになります。降圧剤の服用に頼っていると、血圧は押さえられても治療にはなりませんから、できるだけ頼らずに食事や生活習慣の改善を重視しましょう。

 

心筋梗塞は発症してから素早い対応ができるかで延命率が大きく変わります。ですから、前兆や体質について理解を深め、いざという時に素早く救急車を呼べる体制を作っておくことが大切です。

 

症状で肝硬変かどうかチェックする

 

肝臓というのは沈黙の臓器といわれており、肝炎などを放置して肝硬変に進行しても症状に関してはあまり変化がありません。肝臓はそもそも自覚症状がありませんので、気付いたら症状が非常に進行しているということが考えられます。

 

肝硬変になると、少しずつ肝機能が悪化していき、数年かけて症状は進行していきますが気付く事はほとんどないでしょう。これが肝硬変に気付きにくい原因になります。初期症状だと痛みもなく疲れがあるくらいであり、むしろ自分で気付くくらいの症状があれば、それはかなり症状が進行している可能性が高いです。もし自覚症状が出たのであればすぐに医師に相談することをオススメします。

 

では、自覚症状が出る場合はどういったものがあるのか知っておきましょう。ただ、これらの症状が出たからといって肝硬変であるという確証はありませんが、もし症状が複数でたら疑うようにしてください。

 

食欲不振、体重減少、疲労感、腹痛、下痢、右わき腹の痛み、出血、男性の女性化、女性の男性化が主な症状となります。これらは体調不良が原因で引き起こされる症状もありますので、こういった症状が出ても基本的にはスルーしてしまいがちです。しかし、もしかしたら肝硬変である可能性もありますので、継続してこういった症状が出てくるのであれば、少し疑ってみてもいいかもしれません。

 

検査をしなければ肝硬変かどうかわかりませんので、もし不安であれば医師に相談して検査をしてもらうようにしましょう。

 

サポートにどうぞ γGTPを基準値に下げるサプリはこれ

 

運動によってγ-GTPを下げる

 

γ-GTPというのはアルコールと密接な関係があるとはいえ、お酒を取りすぎるからといって上昇するわけではなく、運動とも関係しています。実は運動不足によってγ-GTPの数値は高まりやすいので適度な運動は非常に重要になります。ですが、どうして運動と数値が関係しているのか疑問に思っている方も多いので説明します。

 

脂肪肝が原因でγ-GTPの数値が高いという方は多いのですが、適度な運動を継続することによって肝臓の脂肪も燃焼されます。さらに適度な運動が疲労やストレスの解消、そして睡眠を促してくれますので効果的です。γ-GTPの数値というのは不規則な生活によって悪影響になってしまうことがありますが、そういう問題を解決するのは適度な運動ということになります。

 

また運動をする上での注意点は適度な運動であることです。過度な運動は逆に悪影響を及ぼしてしまいますので、無理をしないということが大前提になります。どういった運動がオススメなのかというと、ウォーキング、ジョギング、スイミング、サイクリングといった有酸素運動であり、今まで運動をあまりしていなかったという方は無理なく慣れていくことから始めましょう。運動を継続して少しずつ運動の時間を増やしていけば、γ-GTPの数値改善にも繋がっていくはずです。

 

足腰が弱かったりしてなかなか上記に挙げたような運動が出来ない方は、水中ウォーキングなどでも効果を得ることができますので行ってみるといいでしょう。

 

家族にメタボがいたらどうする?

 

メタボリックシンドロームというのは、いわゆる生活習慣病の1つでありますが、同じ生活環境下で過ごしているのに、メタボリックシンドロームを発症しやすい人とそうでない人(あるいは家系)というのがあります。同じぐらい食べているはずなのに、自分は太ってしまい、他の家族は全く太らないのはどうしてなのか、そういった疑問を抱いたことはないでしょうか。あるいは、家族全員揃って大食漢なのにもかかわらず、太っている人が一人もいないのはなぜか。その上、みんな不思議と健康に過ごしているのはなぜか。そうと感じた事は無いでしょうか。

 

これらは、明らかに遺伝素因(複数の疾患感受性遺伝子の組み合わせ)が発症に関わっているだろうと考えられています。メタボリックシンドロームの原因となっている遺伝子に関しては、今の時点ではまだ不明な点も多くありますが、メタボリックシンドロームの成因的基盤をなす「インスリン抵抗性」や「内臓肥満」に関する遺伝子というのは、有力な候補遺伝子となります。

 

実際にメタボリックシンドロームを対象とした研究において、メタボリックシンドロームに特徴的な糖や脂質、血圧、および体重の異常は、いずれも50〜80%と高い遺伝度を持つ遺伝形質であるということがわかっているのです。また、遺伝子解析を用いた研究というのも盛んに行われていて、いくつかの染色体領域にメタボリックシンドロームの疾患感受性を規定する遺伝子が存在している可能性があるだろうと指摘されています。

 

メタボリックシンドロームの原因(疾患感受性)遺伝子は、人種や民族等の違いによっても大きく異なってきます。アディポネクチン遺伝子のIle164Thr変異については、日本人において低アディポネクチン血症と糖尿病に関連していて、メタボリックシンドロームや冠動脈疾患とも関連していることが報告されているのです。

 

自分の家族にメタボリックシンドロームを発症してしまっている方がいる場合には、いずれ自分も発症してしまう確率は高いだろうと考え、そうでない方よりも、より慎重に生活習慣を見直し、また、メタボリックシンドロームにないように改善していく必要があるのです。

 

自分でできる対策に! メタボサプリはこちら

更新履歴

Copyright (C) 2016 心筋梗塞予防サプリまとめ@血栓を溶かすサプリはこれ All Rights Reserved.